2022年度第3回KIPP対人関係精神分析セミナー

テーマ

関係モデルによる統合的心理療法

講師

杉原 保史 SUGIHARA, Yasushi
京都大学学生総合支援センター

日時

2022年9月4日(日) 10:30-16:30
講義:10:30-13:00
事例検討:14:00-16:30

会場

オンライン(Zoom)

内容

心理療法への統合的アプローチは、クライエントに合わせて多様な学派の技法を活用する実践スタイルである。これまでに蓄積されてきた効果研究によれば、学派間の治療効果の違いは小さいものでしかない。それよりもセラピスト間の治療効果の違いの方がはるかに大きい。そしてその違いは、効果的な治療関係を形成するセラピストの能力と主に関わっている。にもかかわらず多くのセラピストは、成功するためには優れた学派のセラピーをマスターすることが必要だと信じて小さな違いを必死で追究している。極端な場合、クライエントの反応よりも学派のテキストを参照し、スーパーバイザーの反応を伺うようになる。学派を重視した学びは、クライエントをセラピーの受動的な受け手として見る見方を誘導してしまうことでもセラピーの効果を損なう。学派を超えた視点から、効果的な心理療法実践について考えてみたい。

〈参考文献〉
心理療法統合学会監修 杉原保史・福島哲夫編 心理療法統合ハンドブック 2021年 誠信書房
杉原保史 統合的アプローチによる心理援助 2009年 金剛出版

申込方法

申込要項をご確認ください。